夢のような夢の話

 

これは言うかどうか悩んだ。

これを読んで気分が悪くなる人もいるかもしれないし、殺意が湧くかもしれない。それに正夢になる可能性が0ではないので心に留めておくべきかもしれない。

でも言いたーーーーーーーーい。

ツイートするにはなんかちょっとあれだったからとりあえずワンクッション挟むね。

 

一言で表すと夢豚妄想乙な夢を見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よっちゃんとほっぺが当たるぐらいの距離で写真撮りました、、、、、。はあやばい。ドキドキした。

とりあえず聞いて。イオンぶらぶらしてたら、最近できたばっかりの果物のお菓子専門店を見つけたのよ(パン屋さんみたいにトレーに好きなお菓子選んでいくタイプ。後からお金払えばつまみ食いもできた。)いい匂いするし、寄ってみたらめちゃくちゃ美味しそうな焼きバナナがあってさ、これは絶対に買いや!って近づいてみたら3つあったのね。2つほしいけど、人気商品っぽいし1つにしとく?それともまとめて3つ買っちゃう?って悩んでたら向こう側からよっちゃん登場!!!!!!!!!!なんで!!!!!歓喜!!!!!よっちゃんもバナナ食べたかったみたいで「それちょうだいよ」って。なんでちょっと親しげなん?その距離感はなに?と夢から覚めてみたら気づけるんだけど、当の私はなんの違和感もなく話すし、挙げ句の果てに あーん した、、、、?え?夢か?夢だよ。夢の中で距離感がおかしいとはいえ、よっちゃんはよっちゃんなので当然緊張するしめちゃくちゃ興奮もする。その流れで2ショットを撮ったんだけど、よっちゃんが俺の肩を寄せて、よっちゃんのスマホのインカメで撮った。それ送って、、、。この時のカメラワークがすごくて、私視点と第3者視点の2つの映像が組み合わさってた。今日の夢を担当した監督とカメラマンにに金一封渡したい。あ、あ、有名人なのにこの距離で写真はまずい、、、炎上する、、、でもめちゃくちゃ嬉しーーーーーーーーい!!!!!!!!!!死んじゃう!!!!!と思いながら「あの、距離が」的なことを伝えたら「俺がしたいからいいよ」って。好きなんやが。これは流石に好き。惚れちゃう。惚れちゃった。夢の中の私はめちゃくちゃ真剣にこれが浮気になるのかどうか考えたし、夢なのかどうかも考えた。浮気になっても仕方ない、好きやもん。という結論になりましたが夢でした。よかった。